彼と彼女が握ったもの

特撮やプリキュアの考察感想記事を投稿するブログです。 コメント大歓迎です!!初めての方でもお気軽にコメントしてくださると嬉しいです!

特撮やプリキュアの考察感想記事(ネタバレあり)をゆる~く投稿するしながらも時には熱く語っていきたい…そんな風に運営出来たらなと思います。 あとコメントはお気軽にどうぞ!!

【戦慄せよ!新潟発の"ウルトラ"ホラー】霊魔の街 応援レビュー

 「」はある意味、もう一つ「ネクサス」であり、もう一つ「セブンX」でもあり、そして子供頃に大きなトラウマを受けた「怪奇大作戦」「恐怖劇場アンバランス」に連なる円谷怪奇作品テイストを受け継いだ作品です。 これを新潟から発信するミゾウユウ挑戦、ミゾミゾしています



 こちらは脚本家の長谷川圭一さんが、自身が全話脚本を担当されたUX新潟テレビ21初の自主製作ホラードラマ『霊魔の街』に関してつぶやかれた言葉です。
(こちらが引用元である長谷川圭一さんのツイッターでのつぶやきへのリンクとなります)


 当ブログでは長谷川さんがシリーズ構成を担当されたウルトラマンダイナを数回取り上げており、私自身長谷川脚本の虜となっているのは言うまでもありません。
10月から同氏がシリーズ構成を担当されるアニメ版グリッドマンである「SSSS.GRIDMAN」の放送が始まるということもあり、『霊魔の街』をレンタル、視聴しました。



スクリーンショット (6125)


霊魔の街

監督:八木毅 脚本:長谷川圭一





 今回はやや短めでフワ~っとした感想記事を投稿させて頂きます。
ですが、まだ見たことのない方々にも視聴して頂きたい、そのためのプレゼンになればとの思いで執筆することと決めたため、各話の核心部分については極力言及を控える形にしたいと思いますが、一点ネタバレ的な部分について言及致します。
 このような面倒な言い回しに終始しているのには理由がございまして、最後まで読み進められたらご理解いただけると思っているのですが……何卒ご理解していただけますよう……。







 物語は怪奇小説家・榊里桜が行方不明となった心霊アイドルの姉・舞桜を探すために、新潟のとある街を訪れるところから始まります。
里桜は失踪直前の姉から「霊魔の街」「鬼を捜して。闇を祓う鬼を」というメッセージ、そして謎の13の住所を頼りに姉の捜索をしていくのですが、姉の影を追えば追うほど目の当たり残虐な事件の数々。
やがて、彼女は人々を毒牙にかける謎の怪異『霊魔』、そして霊魔を追う封魔士『鬼崎陣』の存在を知ることになり……




というのが大まかなドラマのあらすじです。
ただし、これはあくまでも本筋要素を抽出しただけでありまして、全6話のエピソードはほぼゲストキャラ達が怪事件に遭遇して……を描く、ホラーオムニバス的な趣きが強い作品です。
それぞれが繋がりを持っていないように思われた怪奇現象を一つの線に結んでいくのが里桜であり、鬼崎であり、彼らが次第に接近していく緊張感が連続ドラマとしてのスタイルと見応えを与えていると言えます。

 文頭の長谷川さんのつぶやきにある「もう一つの『ネクサス(ウルトラマンネクサス)』」とは、このドラマの人物相関図とプロット、人知れず恐怖を振りまく霊魔の存在感が『ウルトラマンネクサス』の孤門君(運命の波に巻き込まれた者)と姫矢さん(謎多き戦闘者)の出会い方、存在自体が公にされていないスペースビーストの脅威、これらとの類似も指しているように思えます。




 加えて、このドラマはウルトラを始めとした円谷作品を抜きに語ることは出来ません。
 長谷川さんと同じく、円谷プロで多くのウルトラシリーズに多く携わった八木毅さんが監督を務めたことから、円谷怪奇作品の系譜を継ぐホラードラマであると公式サイトでも言及されており、地元紙の新潟日報では"ウルトラホラー"なるフレーズを用いて紹介されています。
またサイトに掲載されたスタッフトークからも「ウルトラやライダー」を意識した発言が散見され、特撮番組として新しい領域を作り出したい、との熱意が伺い知れます。


 それを証明するように「全編、新潟でオールロケ敢行」という特色を生かした素朴な美しさ溢れる新潟の自然や街の風景と特殊効果を活かした怪奇シーンの表と裏、陽と陰のようなコントラストの世界は見る者を否応が無く引き込みますし、鬼崎と霊魔の殺陣も前述したウルトラやライダーを意識したであろう迫力の戦闘シーンにも目を奪われます(鬼崎の容姿から『牙狼』を想起してしまうとかしないとか(笑))。

 ストーリー、画作り、共に特撮のDNAを注ぎ込まれながらJホラーとして羽ばたこうとする志の高さを感じると思いました。とても面白い!!
それに記事中にありましたように特撮好きなら引っ掛かるであろうフックが随所に用意されているので、その点でも楽しめること間違いありません(キャストさんにもお!?と思う様な人がチラホラ……)



 ですが、ここからがある意味本題です。
こちらのドラマ、前述したように全6話が放送されたのですが実は……まだ完結していません。


「え、ここからじゃん!?」と誰もが期待を高める所で終幕、クリフハンガー方式で幕を閉じました……。
展開から察するにセカンドシーズンの構想を練っていることは間違いないと思うのですが、2018年9月時点で公式からのアナウンスはまだありません。
 地方局政策のドラマゆえに事情もあるのかなと考えるのですが、そのための『応援レビュー』なのです。
今回の記事を読まれて、興味を持たれたという方は是非この作品を視聴してもらいたいです。
そして、まだ始まったばかりのこの波に乗って、拡散させていきましょう。
評判が広まっていけば、それが続編のきっかけとなるはずです。



 実を言うと未完結であることを「見ていない閲覧者さん前提の記事」で明かす事には躊躇いもありました。
ですが、良いと思った作品は広めたい、好きだと思えた作品は応援したい、との精神で皆様にも応援の力をお借りしたく記事として書かせてもらいました。
拙い文章となってしまいましたが、万分の一でも私がこの作品に感じた面白さが、皆様に届いていれば本望であります。



次回も乞う、ご期待!!


<人間らしい進化とは?>クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンダイナ【感想記事】

 仕事等が多忙なため、思うように更新が出来ずに前回更新から半年以上の月日が経ってしまいました。
今回を期に何とかペースを保ち、定期的にブログ更新を続けていきたいと思いますのでご愛顧の程をよろしくお願い申し上げます。




 今回取り上げるのは2008年に発売された映像ソフト「クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンダイナ」です。
当ブログでも過去に数回取り上げたウルトラマンダイナTVシリーズ総集編的内容となっている作品です。


51fwx-w669L._SY445_





(ちなみに過去のダイナ記事はこちら
ウルトラマンダイナ最終章・完全版「ひかりへ…」【考察感想】
ウルトラマンダイナ・プリンセスプリキュア徹底比較-それは、果てなき夢のプロローグ-




 監督にダイナのメイン監督を務められた小中和哉さん、構成にダイナのメインライター長谷川圭一さん、更にユミムラ・リョウ役である斎藤りささんの新規ナレーションが追加されています。





 1時間程度の尺でダイナ全51話の物語をどうまとめるのかと(半ばまとめきれるのだろうかという不安も込みで)視聴を開始したのですが、冒頭は幼少時のアスカ・シンと父親カズマの語らいから始まり、更にゼロドライブ計画の最中行方不明になるカズマのシーンが挿入されて、ようやく本編1話のシーンが始まります。
放送順ではなく、作中時系列に沿い、アスカ親子の物語という要素を抽出して再構成しているということなんですよね。
この冒頭だけで作品の出来は信頼できると確信しました。

 その後の大まかな構成は、

前半約20分がTVシリーズ1・2話→

途中TVシリーズ前期ED「君だけを守りたい」をバックにダイナの各戦闘フォーム解説、ミジー星人やハネジロー、傑作エピソード「少年宇宙人」のラセスタ星人等のエピソードに触れる小休止を4分ほど挟んで→

後半・最終三部作(40分強) となっています。







 総集編で触れられる主要エピソードの全てが宇宙球体スフィア及びスフィア合成獣が立ちはだかってくる話であり、改めてスフィアが「前に進もうとする人間の熱意や努力、進化の歴史」を否定し嗤う存在でありダイナの宿敵なのだと思わされます。

 同時にこの作品の編集構成はスフィアの押し付けがましい進化論に対し、人類がぶつけたアンチテーゼが何だったのかを分かりやすく見せています。


「永遠に滅ぶことのない究極生命への一体化。それは人間らしく生きることを否定するものだった」


「闇に溶け、地球は、正しい進化をする。お前には、何が出来る?私に従え」

 
前段の台詞は新緑されたナレーションによるグランスフィアの真の目的を語ったもので、
後段は接近するダイナにグランスフィアが問いかけた言葉です。


個という形を棄て、一つの完全なる生命体へと到る合理的な進化か。
人間という不完全で矛盾した形で、個人各々が抱いていく夢や生き方を尊重するのか。



 その命題は、超人的存在ウルトラマン、何のために、誰のために、その力はあるのだろう?、と悩み続けたアスカの物語ともリンクします。
 それはスーパーGUTSを仲間と信じ、自分もまた彼らから信頼されるようになっていくアスカの心情、超人という孤独からの脱却です。
熱意のあまりチームプレイになかなかハマれなかったが初めて「仲間を信じること」を学ぶ1・2話のアスカと、最終三部作で彼がダイナだと知っても受け入れてくれるスーパーGUTSの優しさ。
時系列上ではかなり飛んでいますが、この絆のあり方を1本の線で繋げてみるとスッキリするものがあります。


 1話でアスカが『光』を掴めたのは父親から教えられた「人は諦めずに進化し続ける生き物」の精神を忘れずに生きてきたからでしょう。
 そして、リョウやヒビキ隊長らはアスカの正体がダイナであると知っても受け入れます(隊長については劇場版時点で察していた節が見られますが)。
 それどころか、アスカのひたむきな姿と人類のために戦い続けたダイナの姿が重なると納得してもいるんですよね(こちらは最終完全版の追加シーンで補強されています)。
彼らは無意識の内にアスカのパーソナルな部分とダイナを重ね合わせていた。

「ダイナらしさ」=「アスカらしさ」


つまり、未熟かもしれない、無鉄砲かもしれない、それでも人のために戦えるアスカでなければ人々が信頼する「ダイナ」足り得なかったということではないでしょう。

 そして、ウルトラマンだったとしても仲間の信頼が揺らがなかったことでアスカの苦悩にも終止符が打たれ、「俺は俺だ!ウルトラマンダイナだ!」とグランスフィアを前に堂々と胸を張ります。


 きっかけは諦めない信条を持っていたから掴めた光であり、人の常識を超えた存在になろうとも仲間からその個性を承認されたことでアスカはウルトラマンという人間からの純粋な進化を受け入れたのです。

この一連の流れはグランスフィアの望む「個を否定した進化」と対を成す「個を尊重した先の進化」、これこそが「人間らしい進化」だと言えるのではないでしょうか?




 ダイナを語る上で避けて通れないのがビター、人によってはバッドと感じるかもしれないラストシーンです。私個人としては、後年のウルトラマンサーガがあったこともあり、むしろ肯定的に捉えているのですが、それでも初見時は相当な衝撃を受けました……。


 最終章のDC版である「完全版」ではアスカが生きている事を示唆する演出が追加されていましたが、今作ではアスカとの再会を信じ続けるリョウの前向きなナレーションとアスカの名台詞「本当の戦いはこれからだぜ!」が流れて、締めくくられます。
見た感じだとかなり救いがあるというか、晴れ晴れしい気持ちで観られたなという気がしますし、ウルトラマンサーガ以前の時間軸にいるリョウの心情が語られていると思うと(勝手な脳内妄想&補強ですが)なかなかに感慨深いものを感じます。







 1時間ほどの作品でしたが、ウルトラマンダイナの所謂本筋的部分を追うという点に特化した総集編でかなり見応えがあったと思います。
似たような趣向のソフトとして、前作ティガと合わせての総集編映像+最終章完全版が収録された「ウルトラマンダイナSPECIAL」がありますが、そちらはティガ、ダイナら光の巨人とそれに関わった人類の壮大なサーガ、2作続いた世界観としての集大成と思える内容になっており、この総集編とはまた違った印象の構成になっているので差別化はされてると思いますね。



 ただ、ダイナは1話完結のストーリーも名エピソードが揃っていますし、そういったお話からアスカだったりスーパーGUTSの面々から人間臭さや泥臭さ、人生の酸いと甘いを知っても前を見続けるひたむきさというのが作品全体の魅力と言えますから……結局は全部見た方がいいという結論になりますね……(見て欲しいという言外の勧め)。

 
 
 次回の内容は……未定ですが、平成三部作の新展開が円谷より告知され、ウルトラマンガイアのYouTube公式配信が始まりますので、現在停まっているガイア感想記事が再会出来ればなぁと。残念ながらお約束は出来ませんが……

では、次回も乞うご期待!!




映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】

映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】

(2015年10月31日公開)


※記事の性質上、ネタバレ要素を含んでいます。初見の方は注意して閲覧していただくようお願いします



続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【戦慄せよ!新潟発の"ウルトラ"ホラー】霊魔の街 応援レビュー
  • <人間らしい進化とは?>クライマックス・ストーリーズ ウルトラマンダイナ【感想記事】
  • 映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】
  • 映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】
  • 映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】
  • 映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】
  • 映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】
  • 映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!【考察感想】
プロフィール

ぱすくろ