彼と彼女が握ったもの

特撮やプリキュアの考察感想記事を投稿するブログです。 コメント大歓迎です!!初めての方でもお気軽にコメントしてくださると嬉しいです!

特撮やプリキュアの考察感想記事(ネタバレあり)をゆる~く投稿するしながらも時には熱く語っていきたい…そんな風に運営出来たらなと思います。 あとコメントはお気軽にどうぞ!!

【感想】劇場版 仮面ライダーアマゾンズSeason2 輪廻~今、小林靖子を考える~

先週の「Season1覚醒」に続き、今回は「Season2 輪廻」の感想記事となります。

 覚醒と同じくこちらも総集編映画となっているのは周知の事と思いますが、やはり尺の事情でカットされているエピソードが多く、千翼の友人でありその危険性が発覚した後も彼とイユに関与し続ける長瀬、イユの父親・星埜教授が登場する空白の5年間、ゲストの溶原性細胞アマゾンたちに関する描写のほとんどがカットされており、鷹山仁、泉七羽、千翼の家族を中心とした悲劇の物語として編集されているといったところでしょうか。
 前作から引き継いだ要素に加えて、溶原性細胞のオリジナル、千翼の正体、鷹山仁の行方、といった謎解き要素が加わっており、またドラマ版は毎話主題歌「DIE SET DOWN」が流れると共に衝撃の展開で幕を閉じる所謂クリフハンガー方式のラストが見所でもあったため、やはり純粋にSeason2の物語を楽しむのなら、ドラマ版をおススメしたいところです。

 
 にしても、凍結処分に処される直前、感情を爆発させた結果覚醒した、千翼アマゾン態による殺戮のインパクトは何度見ても、身震いします……。
密室の環境下で最強最悪の怪物と間近に接する恐怖、恐慌状態に陥る隊員たち、パニック映画的文法と言うのでしょうか……映像として圧倒されることは多々あれど、「絶対に関わり合いになりたくない、画面の向こうで留まって欲しい光景」、仮面ライダーの映像を見てこのように感じることも久しい感覚でした。



 前作以上にゴア描写は過激さを増し、その都度最善を尽くそうとした人の行いがかえって事態を悪化させていく……人の無力を嘲笑うかのような物語は黙示録的と言っても遜色ありません。
 どれだけ諦めずに、信じるために想い続けても、この物語は奇跡の展開が起きないのは確かです。
しかし、決して救いにならなくても、願いや繋がりといったものを登場人物たちが全否定しない姿に涙が止まりませんでした。


 「自分が生きるだけで拡がり続ける罪」から逃れ得ぬとも、最期までイユとの未来を、自分が生きることを諦めなかった千翼。
 七羽さんを殺め、そして、千翼にもまた狩りの対象としてで無く、父親として手を下した仁さん。
 生きたいとただ純粋に願った千翼に感化された模様の黒崎さん。
 マモルを引き留められなかった自分達の『仲間』としての責任と本心を明かす旧駆除班。
 袂は分かったものの、五円玉の『絆』を忘れ去ることは出来なかったマモル。
 そして、戦うの選択肢を一度を選んだものの、悠に「生きて」と懇願し見逃した美月。


 
 悲劇と陰惨、救われない物語。
このアマゾンズという作品と脚本家である小林靖子さんをそのように論評する向きが強い、とネットの特撮界隈を見て感じますが、それでも人間あるいは人間として生きようと這いつくばる者たちから何も得られない生と死などないというメッセージ性、小林靖子という稀代の脚本家が放つ作家性の集大成がこのアマゾンズ Season2だと個人的に思います。

 千翼で描かれた、『一人ではどうすることも出来ない運命に抗い続ける物語』は、靖子さんが脚本家を志すきっかけとなった特警ウインスペクター25話「雨に泣くロボット」に通ずるものがあり、「侍戦隊シンケンジャー」の侍になることを定められたモヂカラの能力・血の宿命や「特命戦隊ゴーバスターズ」の13年に及ぶ運命の闘い」、「仮面ライダー電王」「未来戦隊タイムレンジャー」両作の時間と歴史を守る闘い、からもそのミームが見え隠れしています。
 
 また、(こちらは劇場版ではカットされていましたが)黒幕の一人天条会長が言い放った「人は始められることは出来ても、終わらせることは出来ないのだよ」との台詞は未来戦隊タイムレンジャーで浅見会長が言った「一度、権力争いに乗ったら、あとは最後まで戦い続けるしかない たった一人で」という冷徹な現実観、人間の無力感を提示しています。


 そして、死の瞬間が訪れるまで必死に生き抜こうとした、だから結果的に死んでしまいますが、彼は確かに「生きていた」という事実を視聴者の心へ深く刻み込んだ千翼の『生き様』は、「仮面ライダーオーズ」で映司に全てを託し、「お前達といる間にただのメダルの塊が死ぬとこまで来た。こんな面白い満足出来る事があるか?」と満足気に消滅したアンク「牙狼-GARO- -炎の刻印-」で敵のテーゼ"永遠"を否定した魔戒騎士が受け継ぐ血の宿命(さだめ)を彷彿とさせます。

 ウインスペクター以外全て、靖子さんがシリーズ構成を務められた作品であり、それら名作が彩った想いを随所に感じられるからこそ、アマゾンズSeason2はその集大成だと思います。

 
 生きていても、綺麗で報われる結果ばかりが与えられるとは限りません。
それでも、「負け続けまい」とする人々の姿にこそ至上の輝きが宿るのかもしれない……小林靖子脚本の魅力はそんな所にあるのではないか?と観続けてきた自分は考えますし、マモルの五円玉や千翼の死が直接的に描かれなかったのもそこに起因しているのではないか?と思う次第です。



 そして、もう一つ見えてきたもの、こちらはシンクロニシティ(意味のある偶然の一致)と言うべきでしょうか。



物語の終盤、千翼を取り逃がし現場の撤収作業が始まる中、部下の札森に黒崎隊長が訊きます。


「お前、死にたくねえって思ったことあんだろ?」
「当然、毎日ですよ」
「……生きたいって思ったことあるか?」
「え?……おんなじでしょ」

 にべもない返答に黒崎隊長は笑い、(劇場版ではカットされていますが)愛用の銃を置き去りにして、その場を立ち去ります。

 生きること、食べること、、戦うこと、死ぬこと――その一切を現場で見つめ続けた彼を通して、「生死」として並べて語られるこの二つの概念が向かうベクトルは実は異なるのだと、言っているように思えます。
 

 そして……


 生きて、生きて、生き抜け!


 見覚えがある方もいらっしゃるでしょう。こちらは映画「仮面ライダー1号」のラストで提示された本郷猛、そして演じられた藤岡弘、さんからの、今を生きる全ての人々へ贈られたメッセージです。
 1号は脚本段階から関わっていた藤岡さんの想いが込められており、全編を通し、生命(命)・生きることの尊さを訴えかける内容となっていますが、本作の脚本を担当した靖子さんと並ぶ平成ライダーの名脚本家井上敏樹さんも1号関連企画である白倉伸一郎プロデューサーとのニコニコ生放送対談にて、今の若者は必死に生きていない、等の生命(いのち)に関する発言が多く見受けられ、井上さん自身も生きるというテーマに並々ならぬ想いがあるのだと自分は感じました(生放送は再視聴が出来ず、記憶も曖昧ですので、正確性に欠けますが大体こんなニュアンスだったと思います)。
 


 新たな平成ライダーの可能性を突き詰めたアマゾンズと原点回帰の道を一直線に往く1号。
 共に仮面ライダーから離れて久しい名脚本家、小林靖子井上敏樹
 
 本来交わらないはずの2つの作品、二人の脚本家が「生きる」という人類最大の命題に、平成末期というほぼ同じタイミングで挑んだという事実は偶然以上の何か、正にシンクロニシティを感じざるを得ません。



 やや小林靖子論を語りすぎた気もしますが、次回はいよいよ最終作「最期ノ審判」の感想となります。
こちらはまだ未見ですので、純粋に楽しみですね。


 次回も乞う、ご期待!

【感想】SSSS.GRIDMAN 第6話「接・触」&ボイスドラマ第6.6回「新世紀中学生って何ですか?」

 一時期、停滞気味だったブログ投稿ですが、GRDIMANの感想投稿を皮切りにペースを取り戻し、書く側つまりは見てもらう側として、それなりに思索を重ねて投稿を続けてまいりましたが、ようやくアウトプットする快感を感じ始めてきて、そう思えてきました。
 今後もご愛顧いだければ幸いでございます。こちらも研鑽に励む所存であります。




 そして、GRIDMAN6話の感想となるわけですが、これまでの5話のどれをも超える衝撃の展開がやってきて、未だに脳と体が興奮を忘れられない状況でブログを書いております。

181111 18;21;33 うるるんロギー 「SSSS.GRIDMAN」 第6話 怪獣少 043



・特撮版にも登場した怪獣・アノシラスの二代目が裕太に『先代の恩返し』として語る世界・この街の真実。
・ピアノアレンジ版『夢のヒーロー』が劇中で流れる。
・特撮版でグリッドマンに変身する主人公・翔直人を演じた小尾昌也さんをモチーフとしたキャラの登場及びご本人のCV出演。
・ボイスドラマで明かされた新世紀中学生の由来が特撮版の中学生3人発であることが判明。


 と、怒涛の情報開示と特撮版とのミッシングリンクが充実していく様は圧巻であり、「怪獣が出ない話は駄目」と結果的に自虐になってしまったネタも気にならないくらいの満足感を感じられましたね。
 特にアカネが怪獣の黒幕であることが、第三者の、それも特撮版由来のキャラクターから情報提供される形で暴露される展開には意表を突かれました。
 武史・カーンデジファー由来ではない元々コンピューターワールドに住み付いていた電子生命体「アノシアス」と「ユニゾン」。その存在は以後の特撮版ストーリーで関連付ける事象が起こらなかかったため、全体から見て浮いており、振り返ると「変な話」だったなぁと思わされたもののですが、その系譜を継ぐ二代目ならば、グリッドマン同盟やアカネ側らと一線を画す純粋な第三者としてこれほど適任な存在はいないだろうと納得出来ます。とても上手い。
また特撮版で世界を救ったグリッドマンや直人たちの活躍が「実際に起きた事」と既定され、正当な続編だったと分かった際の高揚感は筆舌に尽くしがたい。構成力の秀逸さに感服するばかりです。


 

 アノシアスの説明を補強するため、特撮版の武史による怪獣製作を思い出させるカクカクしたCGが出てくるのですが、これもまた懐かしさと同時に、怪獣に焼かれた人間やビルがまっ黒焦げになるといったグロテスクさも同時に表現していて、芸が細かいです。
 アニメ版単体での面白さを追求し、一定の評価を得たこの段階で『続編的要素』を全面的に出してくるのはとても上手い。
同一世界観であるものの、ある程度物語が進むまで前作主要キャラが登場しなかった『ウルトラマンダイナ』で感じたようなバランス感覚を彷彿とさせます。




 ファンが喜ぶ回収の一方で、多くの伏線が仕掛けられたことも見逃せません。
・グリッドマンの変身者である裕太抹殺へ赴いたアンチのお世話(お風呂)に手を焼く六花。
・特撮好きの共通点から自然に内海へ接近するアカネ。  
・二代目アノシアスから、この世界が神的存在・新条アカネによって創造された世界であることを教えられた裕太。
……とそれぞれが分断された(情報共有がなされていない)状態でグリッドマン同盟はアカネ・アレクシス陣営と密接に接近していきます。
 足並みが揃わない、それぞれの接触がどのような軌跡を描いていくのか。楽しみでもあり、怖くもあり、未知数なドラマへの期待が高められますね。
特に、内海君は裕太がグリッドマンであることを漏らしませんでしたが、恐らくアカネの不審な行動を「自分達と同じく、記憶が改変されない存在」だと誤認したのでしょう。
そのため、アカネを巻き込むわけにはいかない、という情で隠し通したわけなのですが、これが吉と出るか、凶と出るか……裕太ほど直接的な言葉で言われたわけではないのですが、アカネの暗躍を感じ取った彼との対比にもなっています。
 またそれぞれの面々を、新世紀中学生が尾行していた点がどう作用していくのかも見物でしょう。
 今回はその尾行のおかげもあり、裕太がアンチに襲撃されるも間一髪でキャリバーさんとマックスさんが助けてくれました。
 グリッドマンと唯一、一体化・変身出来る少年に「自分に出来ることをやれ」「共に戦おう」と背中を押す場面が目立つ二人だったからこそ、その応援がより頼もしく思えた気がします。
 裕太に求めるだけでなく、自分達が体を張るべき場面でも躊躇いなく、実直な二人の人柄が出ていたように思います。

 しかし、裕太は人間である、グリッドマンとは別存在、と擁護し、アンチを混乱させたわけなのですが……


「どう見ても人間だ」


強調するように言われたこの言葉にやや引っ掛かりました。
というのも、遡ってアノシアスが教えてくれた『真実』と照らし合わせると……直接の言及はありませんでしたし、裕太もその点では反応していませんでしたが、彼らの住む『ツツジ台』という街そのものがコンピューターワールド(仮想世界)であると推測できます。
 また、この世界を作り、現在進行形で好き放題に作り変え続けている新条アカネは裕太たちにとっての『神様』という言い方をしているのですが、それはつまり裕太たちもまた仮想世界の住人、データの集合体的存在という推測が成り立つのではないでしょうか?


 先走った予想ではないか?と自分でも思いますが、
「グリッドマンと一体化する裕太が人間」であることから「人間の姿から怪獣へ変身するアンチ」が抹殺を断念する、というのは本当に偶然だったのか?
 アカネとアレクシスによって操作されていることが明らかになり、常識の通じない世界だと明らかになった今、「外見」がどれほど信頼のおける基準となるのか?
 それを教えてくれたのも「少女の姿をした怪獣」だったではないか。

 また、このシーンは第3話の「人間の声を発するアンチの怪獣態を前に戦意喪失する裕太」の写し鏡のようにも見えます。

 
 怪獣とは何者なのか?を叫べば叫ぶほどに、その被害を被っている人間もまた何者なのか?という疑問が沸き上がってくる……実像を問うていく物語のギアが「人間であることの強調」によってまた位相が一段上げられ、不穏を感じてしまいます。


 それぞれに不安を抱えつつ、全員がいつものたまり場である「絢」で勢揃いしていることで裕太が安堵し笑う……が今回のグリッドマン同盟側のラストとなっていますが、波乱含み「でも」と取るのか、「なのに」と不安を見るのか、二通りに解釈できる場面であるような気がします。
 



 一方、グリッドマンを見つけられなかったと報告するアンチに「やっぱ全然分かってないじゃん」といつも通りにスマホを投げつけ呆れるアカネ、そしてアレクシスがいよいよ動き出すか?と思わせるラストとなっていますが、アカネの発言が少し興味深い。
 というのも額面通りに受け取るのなら、「仕事が出来ない駒の無能さに嘆いた」のように見えるのですが、アンチは裕太を見つけたものの「変身体ではないグリッドマンを倒すことに躊躇した、巨大戦でグリッドマンを倒す事に意義を見出した」という真相を見抜いた上での発言だったのではないか?とも取れます。怪我も負ってますから。
 「分かってない」とは結局、アカネの命令よりも自分であるための戦いを志向するアンチの本質に向けられた呆然の言葉なのではないか?と。



 最後に、アカネが怪獣を放って気に入らなかった人間を殺害していたことを知り、驚愕した裕太の「好き嫌いで人を?」に着目したいです。
 極めて常識的発言のように一見思えますが、これは裕太が記憶喪失であることと六花に好意を感じ始めている事を鑑みると、単純に「人を嫌いになる感覚、憎悪を殺意へと変換する体験それ自体を知らない、経験していない」という彼のパーソナルな部分を浮き彫りにする発言だったと思っています。
 穿った見方ですが、この作品のリアリティライン、キャラクターたちの会話や思考の生々しさを見るに、憎悪のままに突き進むアカネへある程度の理解を示す人間が出てきてもおかしくない気がします。
 裕太だからこそ発せられた、真っ当で後ろめたさのない物言いだった……そのように思ってしまいました。




 次回も乞う、ご期待!

【感想】劇場版 ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦 第1章「我夢に会いたい!」

 ティガ、ダイナ、ガイア、合わせて『TDG』。
平成初期ウルトラ三部作をそう呼称することを今年2018年になって初めて知り、ウルトラシリーズについて自分はまだまだ無知だと感じたものです。
 さて、何故今になってTDGの意味を知ることになったのかと言えば、今年がガイア放送開始から20周年というアニバーサリーイヤーであり、円谷プロも嬉しいことに関連企画を積極的に打っているからに他なりません。
 

 現在、ウルトラマンガイアTV本編が毎週Youtube円谷プロ公式チャンネルで配信されているのは読者の皆さんもご承知のことと思いますが、なんと今週から4週連続でガイア劇場版の無料配信が開始されました。
 ですのでこのブログでも4週連続で感想を投稿することにしました。お付き合いのほどをよろしくお願い申し上げます。

 




 今回の配信は、11月30日発売予定で本映画の後日談とされる小説「ティガ・ダイナ&ウルトラマンガイア~超時空のアドベンチャー~」に合わせたタイミングだと思われますが、個人的には本映画の脚本及び後日談小説の著者である長谷川圭一さんがシリーズ構成を務める現在絶賛放送中のアニメ『SSSS.GRIDMAN』との比較をしても楽しめる、そういう作品でもあるし、良い時期だったなと勝手に思う次第です。
 特撮版グリッドマン、あるいはアニメ版のレビューをした際、都度言及した話ではありますが、グリッドマンというコンテンツそれ自体に「平成ウルトラ」の血が通っており、類似点が散見されます。
 該当の場面が来た際に指摘したいと考えていますが、今回はこの程度で留めることにします。


 物語は、我らがXIG隊員・高山我夢が巨大異形獣サタンビゾーに立ち向かう、本編さながらの熱い戦いから幕を開ける……ように思わせる、という壮大なフリから始まります。
 本当の主人公は、新星勉、小学三年生。
冒頭は、ガイア本編世界とは違う平行世界で、彼がVHSに録画していた特撮ドラマ『ウルトラマンガイア』の映像です。
 勉たちの世界において、ウルトラマンガイアとは実際に存在する光の巨人ではなく、実際に放送されている特撮番組のヒーロー。
 非常にメタな構造を観客に提示して始まるという、なかなかにとんでもない映画だと分かります。
ティガ・ダイナの2作とガイアの世界観が異なることと、原典に沿った場合オリジナルのティガとダイナが大変登場させにくいということもあって、パラレルワールドを取り入れた展開になったそうです。


 第1章は、勉を主人公とするジュブナイル的色彩が強いドラマとなっており、ウルトラ的なものからかけ離れた展開で進んでいきます(とは言うものの、非日常的要素も着実に仕込まれているのですが)。
このテイストは、後年の『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』に近さを感じます。


 開始早々、特撮少年である勉を取り巻く日々の日常にグッと引きつけられます。
 年頃の息子にウルトラマンからの卒業を望む母親、特撮を愛好し続ける勉君に呆れる学友・平間優、「そろそろウルトラとか、卒業せいや」と勉をからかう上級生・鹿島田浩たち――巧みなその掴み方がとても秀逸だと言わざるを得ない。
それほどまでに生々しく、いや我々にとって既視感というべき体験を見させられます。
肌身に憶えている抑圧、強い言葉を借りればそう形容したくなる。勉少年の周辺関係には年長の観客ほど身につまされる思いをすることと思います。
 しかし、歳を取るにつれてある程度の「折り合い」はつけなければならないということも理解できるようになってくるわけで……微妙な『境界線』の突き方が実に上手いドラマ構造となっています。

 ですが、この映画は特撮少年が「普通になること」を望む環境に辟易するだけでは終わりません。
ある日、勉が夢で見た、赤い玉と破滅していく世界で「何も変わらない……」と諦める少女。
その夢がまるで予知夢であると言わんばかりに少女と瓜二つな転校生・七瀬リサ、そして勉が秘密基地のように使う廃工場内には赤い玉、がそれぞれ忽然と姿を表します。
 玉は「願いは全て現実になる」と語り、リサは勉に試してみればいいと促し、勉は「本物の我夢」に会いたいと願います。
 結果、ファイターEXに搭乗した『ガイア本編世界の我夢』が勉の世界へと来訪。
ですが、玉を奪い取った上級生・浩の願いによって怪獣『サタンビゾー』も現れることとなり、応戦するべく我夢がウルトラマンガイアへと変身したところで第1章は終了します。


 退屈で、鬱陶しくて、自分の行き場を持てなかった日常にTVの向こう側に広がっていたファンタジーが介入し、激変する――第1章をざっとまとめるとこんなところでしょうか。
同時にこの映画のクライマックスを劇的な方向へと導くための伏線が仕掛けられていたことも見逃せません。

・怪獣の攻撃でエスプレンダーと引き離された我夢。
強風に煽られる鉄骨の上にあるそれを、一歩間違えば転落する状況下であるにも関わらず、取りに行く勇気。
・校庭に描かれた勉のウルトラマンと街で暴れる怪獣の落書きに「暴力って嫌いだもん」と述べるリサ(勉がメインにしたかったのは怪獣から人々を守るウルトラマンであるにも関わらず)。
・サタンビゾーを呼び出した浩の勉に対する「お前みたいな"根暗怪獣オタク"はぺしゃんこに踏みつぶさせてやる!」という台詞(直後の浩がサタンビゾーの詳細スペックを早口でなおかつ諳んじていることから、ある程度ウルトラの知識に通じていることが分かり、その点からも"不可解"に思える発言なのですが……実は)。


 1年ほど前に視聴したっきりでしたが、改めて観ると、そうだったのかと思える場面が多く興味深い。
面白い作品は何度観直しても、その度に新鮮で、解釈という刺激を与えてくれますね。


 今回は4つのエピソードに分割された上での感想、本来の形式である映画視聴時とはまた違った感触を私自身も含めて、得られるであろうと思い投稿させていただきましたが、如何だったでしょう?


 次回も乞う、ご期待!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【感想】SSSS.GRIDMAN 第6話「接・触」&ボイスドラマ第6.6回「新世紀中学生って何ですか?」
  • 【感想】SSSS.GRIDMAN 第6話「接・触」&ボイスドラマ第6.6回「新世紀中学生って何ですか?」
  • 【感想】劇場版 ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦 第1章「我夢に会いたい!」
  • 【感想】劇場版 仮面ライダーアマゾンズSeason1 覚醒【水槽から旅立つ日】
  • 【感想】SSSS.GRIDMAN 第5話「挑・発」&ボイスドラマ第5.5回「グリッドマンは悪くない」
  • 【感想】SSSS.GRIDMAN 第5話「挑・発」&ボイスドラマ第5.5回「グリッドマンは悪くない」
  • 【感想】映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ【追い続けた7年の感謝を込めて】
  • 【感想】SSSS.GRIDMAN第4話「疑・心」&ボイスドラマ第4.4回「順番」
プロフィール

ぱすくろ

  • ライブドアブログ