彼と彼女が握ったもの

特撮やプリキュアの考察感想記事を投稿するブログです。 コメント大歓迎です!!初めての方でもお気軽にコメントしてくださると嬉しいです!

特撮やプリキュアの考察感想記事(ネタバレあり)をゆる~く投稿するしながらも時には熱く語っていきたい…そんな風に運営出来たらなと思います。 あとコメントはお気軽にどうぞ!!

リアル志向と不屈のヒロイズムが押し寄せる名特撮『ブルースワット』をおススメする4つの理由【Youtube配信記念】

 2020年2月21日から東映特撮YOUTUBEOFFICIALにて毎週2話ずつ『ブルースワット』が無料配信されます。



hjryr





 メタルヒーローシリーズ13作目にとなる本作は個人的に思い入れが強い特撮ヒーロー作品です。
初めて視聴したのは2015年のYoutube無料配信でした。
というのも現在は動画配信環境が整備されていますが、多くのメタルヒーローシリーズと同じく本作はDVDレンタルがされていないため視聴ハードルが高いと個人的に思っていましたが、視聴し始めるとその魅力に引き込まれ「もっと手軽に見られる環境が広まれば……」と嘆いたものです。

 今回始まるYoutube配信は2015年と同じく無料です。
今ブルースワットを見るというのは実にお得な行為なのです(?)。



 そして、次作のメタルヒーローシリーズ『重甲ビーファイター』の最終2話に同じくメタルヒーローの「特捜ロボ ジャンパーソン」と共に客演を果たすという偉業を成し遂げていたり、
近年ではスペース・スクワッドシリーズで(チラリと)登場していたりします。
 名前だけは知っているけど実はまだ見たことがない……という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
なので今回の配信にあたり、そうした初めて見る方や以前視聴された方の視聴意欲を盛り上げられるような「おススメ記事」を執筆することを決めました。


 以降、個人的に選んだ4つのポイントでブルースワットを紹介したいと思います。



注意

極力ネタバレになるような紹介は避けたつもりですが、ふわーっと終盤までの『個人的感触』を多々語っていますし、1話のネタバレも含んでいます。
気にされる方はブラウザバックされることをご推奨します。















姿見えぬ敵(エイリアン)の脅威
 本作は、地球外知的生命体(エイリアン)を迎撃すべく設立された秘密組織『ブルースワット』が1話で壊滅するというショッキングな出だしから物語が展開していき、主人公となるのは『ブルースワット』の生き残りである隊員ショウ。
彼は同じく生き残った隊員のシグ、サラ達と共にエイリアン集団『スペースマフィア』と対峙していくことになります。
 このスペースマフィアなる組織は物語開始当初その全容が不明なだけでなく、所属するエイリアンたちが地球人に理解出来ない独自言語を用いていたため、一切正体不明の不気味な存在として異彩を放っています。
彼らエイリアンの最大の特徴は『インヴェード』と呼ばれる能力で人間に憑依、その体と意識を乗っ取ることが出来ます(物語が進むとともに能力のバリエーションが増えていきます)。
 このインヴェードを利用することでスペースマフィアは人間社会のありとあらゆる方面へエイリアンを送り込み、破壊工作などの謀略を推し進め、地球人たちに気取られることなく『密かな侵略』を進行させていくのです。
余談ですが、このスペースマフィアに類似した敵役として『超光戦士シャンゼリオンのダークザイド』『仮面ライダーカブトのワーム』が存在します。
ダークザイドは人間への変化、ワームは人間に擬態し記憶をもコピーする、とややアプローチは異なりますが「社会への工作」という形で人類の切り崩しにかかる侵略者たちを見比べてみるのも面白いと思います。




リアルエイリアンバトル
 先にもあった通り『ブルースワット』とは公にはされていないエイリアンを迎撃すべく設立された組織を指し、その生き残りであるショウたちが自分達のチーム名としてその名前を引き継いでいくこととなります。
本作のもう一つの見所はこのブルースワットの「極限まで演出されたプロフェッショナルっぷり」にあります。
『完全武装の特殊部隊』というのは放送前の番組予告にて用いられていたフレーズですが、そのフレーズに違わぬリアリティは彼らの立ち姿を見れば、一目瞭然。
頭部のヘルメットと胸部のプロテクター以外は隊員服、グローブも指抜きタイプと生身の露出が多いと同時に作戦時に求められる俊敏な動きが取りやすいデザインとなっています。
例外はあれど、全身が包まれている日本産デザインのヒーローを数多く見かける中でこれは異色と言えるでしょう(同じメタルヒーローシリーズではジライヤも生身の露出が多いヒーローでしたが、それ以外は全身を覆うメタリックな鎧を身に纏っているか、ロボットです)。
またブルースワットの主力装備の拳銃「ディクテイター」もリアル寄りなデザインで、当時のモデルガン雑誌でも特集が組まれたそうです。 
 見かけだけでなく、アクションシーンも「訓練を受けたプロによるオペレーション」が堪能できるように作り込まれており、

「ミサイルランチャー、火炎放射器などのヒーロー作品では珍しい実在兵器も使用」
「前線の隊員と後方の指揮車輛とがリアルタイム通信で戦況の把握に努める」
「敵の弱点をスキャン(分析)し、武装や戦術を適時選択」

などなど戦闘指揮、情報通信、補給、といった概念も取り入れたリアルバトルが演出されています。




称賛されないヒーロー
 いきなり組織が壊滅し孤立無援となってしまったブルースワットたちが人類最後の砦として戦いに挑むのですが、その戦いの特性上ブルースワットは一貫して孤立無援で公に『ヒーロー』として認知されない存在として描かれます。
また主人公ショウは当初、生計を立てる手段としてブルースワットの任務に従事しているというスタンスだったこともあり、スペースマフィアへの抗戦を否定的に捉える場面も描かれます。
これは「仮面ライダー剣」とも共通してきますが、
組織や雇用、給与等によって正義を執行するプロフェッショナルが、承認してくれる帰属先を失い保証の一切を断たれてもなお正義を追求するのならば、何者になるのか?
それこそがヒーローであるーー

 片や「現実にエイリアンが現れたら国家機関はどのように対処するのだろうか?」というリアルシュミレーション的な設定を提示しつつも、フィクションの産物として見られがちで定義も曖昧な『ヒーロー』というあり方を一個人の目線から掘り下げていく重厚な人間ドラマがこの作品に見て取れるのです。
そして、序盤からエイリアンとの関連が示唆される隊員シグの物語も縦軸を大きく牽引していくものとして展開していきます。
また孤立無援としましたが、彼らの戦いに関わっていく人々は少なからず存在しそこで繰り広げられる悲喜こもごも、人知れず戦っていくチームの絆もこの作品の大きな魅力です。




紆余曲折と不屈のヒロイズム
 徹底したリアル路線を見せつけるブルースワットは中盤から路線変更が行われることとなります(サブタイトルの様式が大きく変化するのですぐに分かると思われます)。
コメディ要素の導入やエイリアンの描写も変化し、ブルースワット側にも従来作品で見られたような王道的なヒーロー路線の要素が導入されていきます。
 うーん、賛否両論というやつでしょうか……この路線変更に対しては否定的な意見も散見され、そのご意見を理解できる部分はあります。
初めての方にもおススメするスタンスの記事で、あえてこうした言及をしたのは今回初めて見られる方には自分の目で判断してもらいたい、紆余曲折ですら楽しんでもらいたいなぁと思ってのことです。
 個人的には対エイリアンという戦いの軸はブレずに進むので、むしろ話の幅が広まったのではないかな?ぐらいに捉えていますが……(特にブルースワット側に生ずる変化は、スペースマフィアとの戦いが激化・スケールの引き上げに伴った変化だと解釈すれば自然なのではないか?と思っています)。
『否』の意見が出る理由は路線変更前が好き過ぎた場合に出る反応で、恐ろしくクオリティが下がったとかつまらなくなったという類ではない、という印象を持っています。
 もう一つ声を大にして言いたいのがショウたちブルースワット側の人間ドラマを一貫して継続されるということです。先に上げたショウがヒーローになっていく物語、シグが抱える縦軸といったドラマの根幹は揺らぎません。
本作が今なお根強い人気を誇っているのは路線変更の波を受けてもなおドラマが堅持されたこと、そうした紆余曲折があったからこそ明日の平和を投げ出さない若者たちのヒロイズムがより浮き彫りになったからではないか?と思います。
何が変えられ、何がブレなかったのかーーそうした視点で作品を観るという楽しみ方もあろうかと思います。





 以上4点からブルースワットの魅力を語らせて頂きました。
この記事で興味を持たれた方、言われなくても最初から見る予定だった方、様々いらっしゃるかと思いますが、この流れで第1話「ビギニング!!」をご鑑賞して頂ければ一(いち)ブルースワット好きとしては光栄に思います。


Fighting!BLUE SWAT!
Go ahead!BLUE SWAT!












【感想】スター☆トゥインクルプリキュア最終話「宇宙に描こう!ワタシだけのイマジネーション☆」

TVerの最終話配信ページです


 ついに来てしまいましたスタプリ最終回。
前日にあらすじが公表されましたが、むしろあらすじで心の用意を済ませた視聴者ほどアッと驚かされた2層構造の物語、サプライズに舌を巻かざるを得ませんでした。
この作品におけるプリキュアという存在の真実、力に対する受け止め、役割の解釈といったヒーローの概念については前回で描き切ったと言っていいでしょう。この最終回にて重視されたのは、ひかるらメインキャラに留まらない、同じ宇宙に生きる人々のアフターストーリーです。
流石に全員とまでは行きませんが、プリキュアたちの家族・周辺人物やノットレイダーがほぼ全員声付きで、プルルン星人のヤンヤンやサマーン在住のララの家族といった懐かしい面も含めてその後の姿が描かれており、1年通して描かれたドラマの集大成に相応しい内容となっています。


stp4966



夢見た自分と夢を叶えた自分(重厚かつシンプルな物語という結論)

 月日が経ち宇宙を駆けた日々を懐かしむひかる達の前に再びやってくるララ達。ガルオウガうっかり流出させてしまったノットレイマスクが原因で、感動の再開を果たす!!そして再びプリキュアに変身する!!
という後日談、イベントバトルだと思わされたAパートが「大人になったが見たひかるの夢」だったことがAパート終盤に判明(あくまでもその可能性が示唆されてる、が正しいかもです)本当のアフターストーリーはBパートから始まります。
この仕掛けは、劇中の不自然な演出で読み取れるようになっており、
・地球側の近況が語られるが、宇宙人組は「惑星レインボーのみんなは元気」のみでサマーンの変化には触れられていない。
・始めて戦闘挿入歌としてOP(正確にはアレンジの「キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア(5 PRECURE ver.)」が流れる(インストルメンタルverが挿入歌として流れたことはある)。
と基本的にひかるが知り得た情報のみで構成されていたり(レインボーについての言及はユニとアイワーンが成就させるだろうとの期待から来てると思われ)、アニメのワンシーンとしてよりデフォルメされたような印象を受けます。キュアグレースとの邂逅については春映画を見ないとなんとも言えませんが。
 この二段仕立ての構造により、自身の中で描き続けた夢(前半)が現実に成就する(後半)というイマジネーションの昇華が印象付けられる結果となりました。 
誤解を恐れずに言えば、最終回それ自体は特別な味を加えなくても感動を呼び起こすことが出来るステージだと思います。ですが最後の最後まで視聴者を楽しませるためのテクニカルな技巧を凝らし続ける製作側のクリエイター魂に感銘を憶えます。
終わってみれば夢が生まれそれが結実し一つの到達点へとたどり着くまでを描いたサクセスストーリーだったんだなと思う次第です。




最後の「想いを重ねて」
 公式のアナウンスによるとBパートで描かれていたのは15年後の世界だそうで、
ひかるは宇宙飛行士、
ララは星々を回る調査員、
えれなは通訳、
まどかは宇宙特別開発局所属の有人ロケット開発プロジェクトリーダー、
ユニはアイワーンと共にレインボーの再興を果たす……とそれぞれの後日談に触れられました。
個人的に着目したいのがまどかの到達点で、留学を取りやめた際も「父親と相談した」と明言されていましたが、結果的に父親と同じ職場で働いているというのが面白いですね。
父親からの学びを生かしつつも、父親の命令ではなく自分の意思で決断したのだと行間を読みたい。
その父親である冬貴も総理大臣の職にあるようで、その経緯は想像するしかありませんが朗らかな顔つきやまどかとの接し方を見るに娘の自立が良い方向で影響を与えたのだと思います。
アイワーンを除いたノットレイダー陣営にも触れられており、星空連合から譲渡された惑星にて皆満面の笑みを浮かべていました……復讐で結束した集団が一つの家族として手を取り合っている光景に涙涙。
 全体を見回すと本当に大団円だなぁ……と目頭が熱くなってくるのですが、夢パートでも触れられた肝心要の問題は「再会の約束」。
フワの覚醒も見通しが立たず、サマーンの技術的にも地球へのワープが難しい……結局のところ、イマジネーションのセキュリティとして用意された前に戻す力『プリキュア』に関わる力はひかる達の所へは戻ってきません。
ですが、ひかるは自分の力でララ達と再会する約束を果たすため、観星大学の航空宇宙学科等を経て本当に宇宙飛行士になっちゃうんです。そして、ひかるの乗る日本初の有人ロケットがついに打ち上げられるその瞬間、
ひかる、ララ、えれな、まどか、ララの5人は『また会いたい』と心の中で願います。
宇宙人組の二人がこのタイミングで流れ星に祈ったのは偶然……いや必然でしょう。何故ならララとユニはひかるは絶対にやってくるという確信を持っていたのですから。
想いが重ねられたのと呼応しているのか、ララの下にスターパレスのプルンスからフワに関しての緊急連絡が!!
そして、ロケットで大気圏を離脱したひかるの前に……


「フワーーーーッ♪」
「……キラやば……」

一体何が起こったのか、映し出されたのは一条の涙が伝うひかる表情だけなのでその反応を見て推測するしかありません。それは視聴者のイマジネーションに委ねるというスタプリらしいラストカットと言えるでしょう。
現実の世界でひたむきに約束と強く結びついた夢を叶えようとした少女とその夢を現実にするイマジネーションの力を信じた仲間との信頼が見せた光景であることは間違いないと信じたい。





星奈ひかるという主人公を考える
 想像力豊かで行動力があるも、趣味を一人で突き詰めていく女の子。
エキセントリックなようでいて地に足付いた部分も持つなかなか特異な主人公であったという印象が強かったです。個性的でありながらも、思想的な部分を見るならばニュートラルというか立場関係なく誰彼構わず耳を傾ける姿は非常に柔軟で、「決めつけをしない」というのが信条と言えるのでしょうか。
シリーズ構成村山功氏のインタビュー等で語られている星奈ひかるの人物像はざっくりまとめると傍観者であり、様々な出会いや体験を経て成長するとともにある種弱くなっていくというのを意図されて描かれたようです。
 その言葉通り、他人との関わりが常に星奈ひかるのターニングポイントであったということが全49話を振り返って感じることで、受容、衝突、挫折の経験の中で著しく成長したひかるはカッパ―ドとの対決(45話)の中で自身も輝くために「他人(ひと)の輝きを知りたい」という願いを抱きます。
UMA・オカルトという趣味の延長線上にある『好奇心』を満たす目的ではなく、「自分と関わる人の事を知りたい」と繋がりを欲するための目覚め、生き方のための選択であると個人的に解釈しました。
15年後の部分でひかるの自室が映る一幕がありましたが、『観星高校UMA研究会一同』という寄せ書きが映り込んでいます。ララたちがいなくなった後、残ったまどかやえれな以外に多くの人々と交流を広めていったと思われます。
 ひかるがララ達と出会わずにいたら恐らく宇宙飛行士にはなっていないでしょう。
好きという核だけではなく、「掛け替えのない繋がりと体験」が合わさることで人は先へと進み、夢を叶えていく生き物なのかもしれないし、イマジネーションとは個だけに作用する力ではなくあらゆる意味で「繋いでいく力」だったということではないでしょうか?



 語りたいことは尽きませんが、一先ずこれにて記事を締めることとします。
一年通して見てきた感想としてはとにかくソフトな切り口語り口で人が繋がっていく様を描き切ってくれた意欲作であったと思います。個人的に言えばプリキュアシリーズでも三本の指に入る上位作です。
広大な宇宙を駆けまわったのもあり数多く登場したキャラクターどれもが愛おしく、ダイナミックさと戦略戦術の要素が組み合わさった戦闘シーンのクオリティには毎回ワクワクし、数多くの神話をモチーフにしたと見られる宇宙創生の設定には深く頷かされましたね。SFとして見ても傑作であったことは間違いありません。
 彼女達との再会は春の映画「プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日」を待つこととしましょう。


 来週、2月2からは新シリーズ「ヒーリングっど❤プリキュア」が放送開始されます。



 以前取り上げたように安定感抜群のスタッフ陣、特にシリーズ構成の香村純子氏が1年に及ぶ長尺のドラマをどのように紡いでいくのかが楽しみでなりません。
これは完全に余談なんですけど、自分は初報時のキャラクターデザインで好みのプリキュアを決めたりしています、ほぼ毎年。
ですがヒーリングっど❤のメンバー三人ともレベルが高いという意味で甲乙つけがたく、今は所謂"推し"が定まっていない状況にあるんですよね。
恐らくドラマが進むんでいく中で自然と決まっていくのかなと考えています、それはそれで面白い経験になりそうな予感。



 これにて1年間スター☆トゥインクルプリキュアの感想を定期更新が終了となります。
この間、映画の感想なども数本投稿していましたが上昇し続けたPV数とUU数はスタプリ毎週感想に寄るところが大きかったと思っています。
ご愛読いただいた皆様に感謝します。
そして、ありがとうございました。
 次作のヒーリングっど❤プリキュアについても感想を毎週投稿出来れば……と考えていましたが残念ながらお約束は出来ない状況にあります。
以前定期更新していた「SSSS.GRIDMAN」とは違い、4クールの作品をウォッチし意見をアウトプットすることが体力的時間的に要求されるものが大きいと痛感する一年でもありました。
自分の期待値が大変高い作品ですので完全スルーはしたくないと思っていますが……。
兎にも角にも『ヒーリングっど❤プリキュア』をみんなで見ましょう!


それでは、次回も乞うご期待!




P.S.
良ければ記事にコメントや拍手を頂けるとモチベーションの維持や記事の品質向上に繋がるかもしれませんのでよろしくお願いします。






 

【感想】スター☆トゥインクルプリキュア48話「想いを重ねて!闇を照らす希望の星☆」

TVerの第48話配信ページです


 最終回に先立って事実上の最終決戦となった今回。
宇宙を闇で呑みこんだ蛇遣い座のプリンセスに自らのイマジネーションで復活したプリキュアが挑むというシンプルな構造の中、絶えず広がり続ける人の想像力と輝きの素晴らしさを叫ぶ星奈ひかるに同じく想像力を持つ人間として高揚感を憶え、一区切りついての別れの場面では目頭が熱くなりました。
今回は個人的に注目したい二つのトピックでまとめてみました。


stp4898




重ねられない想いと重ねられた想いの違い
 自分を消滅させられなかったのはフワとの別れを惜しんだため「想いを重ねられず儀式は完成しなかった」と蛇遣い座は見立てており、恐らく正解なのでしょうがもう一つ要因があったのでは?と踏んでいます。
というのも前回までにノットレイダーを受け入れる姿勢を貫いたひかる達が闇を司る元凶・蛇遣い座を消し去るという目的に同意することがそもそも考えにくく、またイマジネーションという名の個々の輝きを守るため戦うプリキュアを応援するため「人々の想いが重ねられる」描写が出てくることもあり、「少数を排斥する目的で想いを重ねることは出来ない」しかし「自分を含めた多様な輝きがある世界を望むためなら、想いは重ねられる」という理想が提示されたのではないか?と考えます。
尤もそれを実現するためには多くの困難が伴い全ての人々がそれに賛同するであろうという見立ては押しつけに他なりませんし、人々はプリキュアを応援した事実を記憶せずに日常へと回帰し、これが宇宙の人々が繋がる契機にはなり得ませんでした。
ここで描かれたのはイマジネーションを持つがために他者を傷つけるのと同じように、イマジネーションを持つからこそ違う他人を受容することが出来る"可能性"の示唆ではないかと思います。
闇を消し去った秩序への併合、歪みを失くすための宇宙の作り直し、そのどちらにもイマジネーションを持つ生命体が「無意識の反発」を見せたのではないでしょうか?
 スタプリはこれまで様々な立場から生じる正義、秩序、迫害といった事象を描き続け、プリキュアは何をどのようにして守る存在なのか?を問い続けてきました。
その到達点はひかるが言った「私は守りたい、宇宙を、皆を守ろうとしてくれたフワの想いを」という台詞にあるように感じ、個々人が持つ想いや思想を最大限に理解尊重する姿勢を崩さぬことがプリキュアの「守る」であり、これが宇宙に生きる人々の最大公約数として承認されたからこそプリキュアは応援を得られたのではないかと思います。
都合の良い排斥ではなく、苦しんだとしても人々の"違い"が多様な輝きを発する世界へ……というメッセージを感じました。




自分で育て上げたイマジネーション
 力を失っても自ら歌い、星を描くことで奇跡の復活を遂げたプリキュア達。
始まりが与えられたものであったとしても、これは既に自分達の想像力なのだと創造主の思惑を超えることで証明します。
これは戦闘に限った話ではなく、フワの復活、ユニとアイワーンの共同でレインボーを再興させる決意、そしてペンダントの翻訳能力を失っても触角と地球言語で意思を通じ合わせたひかるとララ、といったやり取りでも人が持つ想像力の無限の可能性を見せつけます。
また掛け合いの中でフワの記憶が保持されることを確信するAIや残り少ない腕輪の力を蛇遣い座への復讐ではなくひかるたちの帰還に割いたガルオウガといったサブキャラ達の変化が際立つのも見所で、特にガルオウガの負の連鎖を断ち切った英断は歪んだイマジネーションを「プリキュアの力で前に戻す」のではなく、経験を経た成長「先に進む」ことにより自浄していけるのだと確信出来ます。
 個人的にこれらのシーンで目頭が熱くなりはしたものの、悲壮感の類はなくどこか清々しさすら感じられる安心感があったように思います。
プリキュアとしての復活、フワの復活、プリキュアでなくなったとしても自力でまた宇宙に来る……全てに確信を込めた願いであり、少なくとも彼女達にとっては「無根拠ではない確かな想像力で描いた未来予想図」だからそれが叶えられるのだろうと安心できるものがありました(フワの星座を描いたことが物語が始まるきっかけだったこともあり、これがひかるの中の確信を補強しているのでは?とも思いました)。
ララがひかるに贈った最後の言葉がさようならではなく「アリガト」だったのも、根性の別れにはしないという強い思いが込められているのだろうと推察できます。
想像力次第で人は如何様な存在にもなれるし、多様な関係を結ぶことが出来る……全く新しい生命賛歌の趣きを感じる大団円でした。




 次回は第49話「宇宙に描こう!ワタシだけのイマジネーション☆」となります。



 近年で定着化した直前で戦いに一区切りをつけて、最終話では後日談に徹するスタイルをスタプリも踏襲するようですが、多くの作品では数年後が舞台になっているのに対しあらすじでは「月日が経ったある日」とあまり時間は経過していないようです。
神々の思惑すらも超えた人の想像力が最後に何を見せてくれるのか、最後の瞬間まで見逃さずにいたいものです。



次回も乞う、ご期待!




 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • リアル志向と不屈のヒロイズムが押し寄せる名特撮『ブルースワット』をおススメする4つの理由【Youtube配信記念】
  • リアル志向と不屈のヒロイズムが押し寄せる名特撮『ブルースワット』をおススメする4つの理由【Youtube配信記念】
  • 【感想】スター☆トゥインクルプリキュア最終話「宇宙に描こう!ワタシだけのイマジネーション☆」
  • 【感想】スター☆トゥインクルプリキュア最終話「宇宙に描こう!ワタシだけのイマジネーション☆」
  • 【感想】スター☆トゥインクルプリキュア48話「想いを重ねて!闇を照らす希望の星☆」
  • 【感想】スター☆トゥインクルプリキュア48話「想いを重ねて!闇を照らす希望の星☆」
  • 【感想】スター☆トゥインクルプリキュア47話「フワを救え!消えゆく宇宙と大いなる闇!」
  • 【感想】スター☆トゥインクルプリキュア47話「フワを救え!消えゆく宇宙と大いなる闇!」
プロフィール

ぱすくろ

  • ライブドアブログ